チロ★♪&ユクシー対戦録

ユクシーと一緒に日々ポケモン対戦に励んでいるポケモン対戦マシーンの対戦録です!

【剣盾シングルS30〜33】人事を尽くすユクシー厨構築

f:id:chiro_uxie:20220903151237j:image

7か月間の禁止伝説級ポケモン2体環境での戦い、お疲れ様でした!

最初は「7か月も同じルールなの正気か😇?」と本気で思っていましたが、終わってみればあっという間でなんなら個人的にはあと1〜2か月くらいは戦っていたいという気持ちでした。

2月はレジェンドアルセウスを楽しみ、アルセウス討伐後、ランクバトルを再開して環境調査。

3月から本格的に取り組みました。

3月はユクシー+ザシアン+イベルタル【最終533位・レート1869】

4月はユクシー+ホウオウ+ムゲンダイナ【最終584位・レート1838】

そして5月から始まったシーズン30〜33はこちらの記事のメンバーと一緒にずっと戦い続けていました!

技構成や努力値配分は日々調整し続けていたので記事には備忘録としてシーズン33最終日のステータスを記載させていただきます。

ちなみに本構築の原案はポケモン実況者のあみゅさんの構築です。あみゅさんの「相棒ポケモンと一緒に高い目標を目指して対戦し続ける」という姿勢に日々刺激をいただきながらランクバトルに取り組んでいます。

ちなみに1度だけランクバトルで対戦をさせていただき、とても嬉しかったです!

f:id:chiro_uxie:20220903152632j:image

f:id:chiro_uxie:20220903152819j:image

 

【使用構築】

f:id:chiro_uxie:20220903151215j:image

 

【結果】

S30…最終1345位(レート1771)

S31…最終1654位(レート1744)

S32…最終1213位(レート1779)

S33…最終1194位(レート1781)

 

【立ち回り】

立ち回りの方法は以下の2通り。倒し切るのが無理だと判断したら数的有利を残したままTODします。

ブラッキー、ヌオー、ナットレイのいずれか2体で受け回しをしながら隙をついてザシアンorレックウザを通す。

ユクシーで起点を作ってザシアンとレックウザのパワーで全てを撃ち抜く。

 

【個別型紹介】

ユクシー

f:id:chiro_uxie:20220905135939j:image

NN:ガーベラ

性格:ようき 特性:ふゆう

持ち物:きあいのタスキ

実数値:182-95-150-×151-161

努力値:HS252

技:イカサマ/ステルスロック/おきみやげ/でんじは

 

ランクバトルに取り組む上で絶対にパーティーから外すことはない相棒枠ユクシー

最高の相棒はド派手に活躍させたいため、アタッカー型も試しましたが、伝説2体環境におけるアタッカーとしてはパワー不足が否めず、ユクシーで無理してでも倒したい仮想敵もいなかったため、今環境ではサポート特化型で採用しました!

レックウザにもザシアンにも襷を盾に対面で打ち勝てるマンムーやガラルヒヒダルマ、これら2体よりも素早く、等倍以上のパワーで上から攻撃することができるフェローチェが構築上重すぎるため、襷を破壊できるステルスロックは確定。起点を作った後、レックウザが上から動けた方が全抜き性能が上がり強く動けるため、相手の足を奪えるでんじはを採用。でんじは読みで様子見の身代わりを残された場合、身代わりを壊すことができる可能性が高い技イカサマまでは確定。残り1枠は当初あくびを採用し、あくび+ステルスロックという強い動きもできるようにしていましたが、ゴチルゼルのかげふみで捕まってしまい、降参に追い込まれるケースが多々あったため、起点作りもできつつ、ゴチルゼルから逃げることもできるおきみやげを採用するに至りました。

HDに特化することでバドレックスのアストラルビットを耐えつつ、ザシアンのきょじゅうざんも耐えるという育成方法もありましたが、最強のアイテムである「きあいのたすき」が余っていた点や、マンムーと対面した時に上からイカサマを撃てる点、伝説ポケモンが軒並みS90族近辺に集中しているため、素早さを伸ばし、上からでんじはを撒ける範囲を増やすことがS95族というユクシーの強みを活かすことができると思ったため、最速で育成しました。

また、ユクシーを最速で育成することで初手の対面で本来ユクシーより素早さが遅いランドロスカイオーガのスカーフ判定をすることができる点も、その後の対戦を組み立てていく上で良かった点だと思います。耐久力はあるものの、耐性があまり良くないユクシーは8世代ではメジャーなポケモンではないため、ユクシーが実は素早いポケモンであるという事実を知らないプレイヤーが多く、ユクシーより遅いポケモンが身代わりを置く前に上からでんじはを撃ち込める場面が多かったのは追い風でした。

なお、ユクシーがメジャーなポケモンではないためか、特性が知られなさ過ぎていて終盤3桁順位の上位帯でも何度か初手対面でじしんを撃たれるなどしてアドバンテージを稼ぐことができる場面もありました。美味しかったですが、相棒ポケモンの特性を上位プレイヤーにすら認知されていないのはなかなか複雑な気持ちでした笑

f:id:chiro_uxie:20220905144111j:image
f:id:chiro_uxie:20220905144115j:image

f:id:chiro_uxie:20220905144237j:image
f:id:chiro_uxie:20220905144241j:image

 

②ザシアン

f:id:chiro_uxie:20220905145013j:image

性格:いじっぱり 特性:ふとうのけん

持ち物:くちたけん

実数値:189-242-135-×-135-181

努力値:H172 A236 S100

技:きょじゅうざん/じゃれつく/ほのおのきば/つるぎのまい

 

伝説ポケモンの中で一番信頼しているポケモンで、強すぎて採用理由はもはや語る必要がなさそうです。

構築上重いネクロズマへの削りのスピードを少しでも上げるために攻撃力はほぼ特化。ルギアやアローラキュウコンなど素早い起点作りポケモンの上を取ることができる素早さラインを確保しつつ、A特化ザシアンのきょじゅうざんを確定耐えできるラインまで耐久力を上げました。タイプ一致技2つとコンセプト上、ユクシーで起点を作ってからの全抜きを狙うため、つるぎのまいまでは確定。残り1枠は選択でかみくだくにしたり、ワイルドボルトにしたり試行錯誤を繰り返しましたが、ナットレイを一撃で倒すことができるポケモンがいないのは環境的にキツかったため、ネクロズマへの削りも見込めるほのおのきばを最終的に採用しました。A特化ザシアンにしては素早さをかなり厚めに育成したため、大体のA特化ザシアンの素早さを抜いていたことも立ち回りやすさの向上に繋がりました。

 

レックウザ

f:id:chiro_uxie:20220905152150j:image

性格:ようき 特性:エアロック

持ち物:いのちのたま

実数値:181-202-110-×110-161

努力値:AS252

技:ガリョウテンセイ/いわなだれ/じしん/りゅうのまい

 

全伝説ポケモンの中でザシアンの次に信頼しているポケモンです。レックウザ

①AC種族値150という規格外のパワーによる制圧力。

②S90族に集中している伝説ポケモンの上を取ることができる素早さ種族値95。

③物理型と特殊型の両方が考えられるため、型読みがされにくい。

④本来いのちのたまアタッカーは反動ダメージが痛いため、天候ダメージが入ると体力がゴリゴリ削れてしまい短命になりやすいが、特性エアロックで天候ダメージを無効化できるため、体力管理がしやすい。

⑤特性で場の天候を無力化できるため、ガマゲロゲやウオノラゴンなどの天候エースの上から攻撃をすることができる。

などダイジェット珠アタッカーとして必要な要素を色々と持っている魅力的なポケモンです。

物理型で育成した理由はダイマックスをしていない(又は切れた)状態でも柔軟に動くことができる点とユクシーで起点を作って全抜きを狙うというコンセプト上、積み技との相性が良かったからです。

7月の後半までは「りゅうのまい」の枠は「つるぎのまい」で採用していました。つるぎのまいを決めることでHBナットレイをダイジェットで確定1発、ダイマックスCSカイオーガをダイジェットで確定1発で倒すことができるという規格外のパワーを押し付けることができます。ただ、こちらの受け駒が削れた状態でレックウザの積み技読みでザシアンを合わされた場合等、隙を見せるとそのまま試合が終わるケースが多々あり、積み技でありつつ、中間択にもなり得る「りゅうのまい」を採用するに至りました。

攻撃技については一致技のガリョウテンセイ。ザシアンへの打点となるじしん。サンダーやこちらのザシアンが打点のないホウオウを倒すことができるいわなだれで完結していると思います。

 

④ヌオー

f:id:chiro_uxie:20220905155106j:image

NN:べにいも

性格:わんぱく 特性:てんねん

持ち物:ゴツゴツメット

実数値:202-×-150-×85-56

努力値:HB252

技:あくび/どくどく/じこさいせい/まもる

 

エースのレックウザがザシアンのきょじゅうざんで一撃で葬られてしまうので構築上ザシアンを安定して受けることができるポケモンは必須でした。技構成は回復技の自己再生は確定。対面操作をして相手の裏のポケモンを確認することが試合運びを行う上で強い動きになるため、あくび。どくどくは耐久ポケモンを崩したり、相手のヌオーに毒を入れることでこちらのザシアンへの受けが成立しなくなるため必須技。まもるはどくどくとのシナジー技でありつつ、相手の動きの様子見ができたり、釣り交換対策になったりと万能な技で、攻撃技が欲しい場面も少なからずありましたが、抜くことができる技が一つもなかったため、4ヶ月間ノーウェポンヌオーを採用し続けました。ヌオーはザシアンに対して対面では凍らされたり、Bダウンを引かない限りは突破されない優秀なポケモンですが、体力管理が非常にシビアなポケモンで少しでも削れてしまうとザシアンのじゃれつくへの受け出しが成立しなくなるため、あくびで再生のタイミングを見つつ、常にザシアンを受けれる体力を維持するのが重要なポケモンで、実はかなり練度がいるポケモンであることに使い続けて気付きました。

 

ナットレイ

f:id:chiro_uxie:20220905161330j:image

NN:てつこ

性格:なまいき 特性:てつのとげ

持ち物:たべのこし

実数値:181-114-152-×184-22

努力値:HD252

技:はたきおとす/やどりぎのタネ/のろい/まもる

 

カイオーガネクロズマの攻撃を安定して受けられ、切り返すことができるポケモンとして採用しました。パーティーの原案はカイオーガへの受け出しを限りなく安定させるために「ばんのうがさ」が採用されていましたが、己の練度不足により、やどりぎのタネを入れない限り回復ができない点に使いづらさを感じ、たべのこしを採用しました。ネクロズマへの遂行速度を上げるために採用した呪い+はたきおとすでしたが、環境に多いスカーフバドレックスを一撃で倒すことができる点やねっぷうを持たないサンダーへの大きな打点になる点も偉い技でした。また、隙を見て相手のゴツゴツメットやきのみをはたき落として、こちらのザシアンを通しやすくする動きも強かったです。

特殊受けのため、基本的には物理ポケモンに投げないので、特性「てつのとげ」が発動する機会がほぼありませんでした。そのため、不意の炎技でナットレイが一撃でやられ、即負けすることをなくすために厳選は大変ですが、特性は「きけんよち」で採用すべきだったと感じました。

 

ブラッキー

f:id:chiro_uxie:20220905162936j:image

NN:ZONe

性格:おだやか 特性:シンクロ

持ち物:タラプのみ

実数値:202-76-130-80-200-86

努力値:HD252

技:バークアウト/イカサマ/つぶらなひとみ/つきのひかり

 

黒バドレックスを筆頭に特殊ポケモン全般を受けることができるポケモンとして採用しました。

パーティーの原案としてはバンギラスが採用されていましたが、『愛』でブラッキーを採用。

5世代のフレンド対戦でブイズ統一パを使ったり、パッチラゴン環境時にリーフィアをパーティーに採用したりした過去がある等ブイズはかなり好きなポケモンたちです。

バンギラスとの差別化点としては

①回復技がある。

②弱点が少なく、不意の弱点技で大きく削られることがないため、受けが成立しやすい。

等が挙げられると思います。

ただし、バンギラスには私の分かる範囲でも

①物理でも特殊でもダイジェットに受け出しが可能。

②すなあらし状態でブラッキー越えの特殊耐久力を実現。

③でんじはやステルスロック等補助技が優秀。

④パワーがあるため、崩しも行える。

等のブラッキーに勝る点がたくさんあるため、バンギラスの方が良い点は多々あります。

しかし、この構築でブラッキーを採用するのはバンギラスの完全劣化になるのかと聞かれたら必ずしもそうではないと思っており、弱点の少なさを活かして「タラプのみ」を発動させることにより特殊ポケモンであればディアルガレベルの超火力でも受け切ることができます。あくまで「特殊ポケモンを受け切る」という役割に特化させるのであればブラッキーの採用もありだとは思います。

また、特性の「シンクロ」がとても偉く、ブラッキーを毒で崩そうとする相手ポケモンに毒を伝染させたり、ミミッキュやルギア、ルナアーラ等のでんじはを伝染させたりと特性のおかげで器用な立ち回りをすることができました。

技はブラッキー自身を受けポケモンとして運用したいため、「ねがいごと」ではなく「つきのひかり」。特殊ポケモンの火力を下げられる身代わり貫通のバークアウト。ザシアンやランドロス 等のアタッカーに刺さるイカサマ。

バークアウトを連打していると攻撃技がバークアウトしかないものとして後出しからランドロスゼクロム等が積み技の起点にしようとしてきたところにイカサマを突き刺す動きが快感でした。

つぶらなひとみ」の枠は7月までは「あくび」を採用し、特殊ポケモンを受けた後に切り返す技として使っていましたが、体力が大きく削れて何もできなくなった時にただただ相手の物理ダイジェットエースの起点にされるのを嫌い、せめてもの抵抗技として先制で相手の攻撃力を下げることができる「つぶらなひとみ」に変更しました。これにより、相手のランドロス の攻撃力を下げることにより、ザシアンがダイアースを耐え、逆転勝利をする等「あくび」では勝てなかった試合を拾うことができたりしました。

 

【主な選出】

1試合1試合選出は考えて変えましたが、オーソドックスな所謂テンプレートのパーティーには基本的には以下の選出で比較的安定して立ち回ることができました。

①vsザシオーガ

レックウザ+ヌオー+ナットレイ

又は

ユクシー+ザシアン+レックウザ

 

②vsバドザシ

ザシアンorレックウザブラッキー+ヌオー

 

③vsバドホウオウ

レックウザブラッキー+ヌオー

 

【重いポケモン

①熱風持ちHB特殊日食ネクロズマ

この構築では倒す術がありませんでしたが、個体数的に切りました。1ヶ月に1試合〜2試合マッチングするかしないかでしたが、S33の最終戦(3桁チャレンジ)でマッチングし見事に咎められました。

 

ゴチルゼル

切りました。と言うより立ち回りを決めて割り切っていました。

選出がブレたら勝てる試合も勝てないので、相手のパーティーゴチルゼルが採用されていてもザシアンに対して一度ヌオーを受け出し、1ターン様子を見た後次のターンに退く動きを徹底。それでゴチルゼルが来なければ選出されていないものとして割り切りました。

※普通にゴチルゼルがいたこともあります。

※様子見の1ターンに即ゴチルゼルを投げられると即負けです。

 

フェローチェ

ザシアン超の素早さから全員を等倍以上(なんならほぼ全員を抜群)で殴られます。

ユクシーで蜻蛉返りを受け、ステルスロックを撒いてレックウザで切り返すか、初手にレックウザを投げてフェローチェと対面したらヌオーに退いてトリプルアクセルを受けて、体力を多く維持した状態で襷を割り、立ち回りでなんとかできるよう頑張っていました。

 

【最後に】

かなり練度が必要な構築でしたが、実力があるプレイヤーの方の構築をベースにしているので、かなり強い構築に仕上がったと思います。

それだけに私の力量不足が原因で4か月間1度も結果を残すことができなかったのは本当に悔やまれ、ポケモンたちにも申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

しかし、4か月間一緒に戦い続けただけあって、シンオウ地方に遠征する等して全員にお気に入りのリボンを付けたり、ポケモンたちのグッズを購入したりと3年間のガラル地方での生活で一番お気に入りのパーティーとなりました!

9月から環境が変わったことによって、この6体と一緒に戦うことがなくなり、現在は喪失感が大きいです😇w

今後もこれ以上に愛することができるパーティーと出会えたら良いなと思ってます😎

この先、幻環境でもパルデア地方でもユクシーよろしく★♪

【剣盾シングルS29】∞鳳凰ユクシー【最終584位・レート1838】

f:id:chiro_uxie:20220505172811j:image

 

★はじめに★

S29お疲れ様でした!

S28では目先の結果を優先するあまり、相棒のユクシーを完全に置物にしてしまったため、今期はあまり目先の結果には捉われず、ユクシーを選出することを目標に取り組みました。

(今回は自分用の備忘録として残すのが目的のため、記事の内容は簡記させていただいております。)

 

★最終結果★

最終584位(レート1838)

f:id:chiro_uxie:20220505172103j:image

 

★使用構築★

f:id:chiro_uxie:20220506132209j:image

 

★コンセプト★

「初手ダイマ+襷orメタモン+ダイナ」

ダイマックスホウオウで荒らす。

襷ウーラオスorメタモンで切り返す。

ムゲンダイナで詰める。

重めなネクロズマにはテッカグヤをぶつける。

重めなイベルタルユクシーで分からせる。

 

★使用構築★

① ホウオウ

f:id:chiro_uxie:20220505172652j:image

いじっぱり/突撃チョッキ

H204 A236 S68

せいなるほのお/ブレイブバード/じしん/ギガドレイン

 

★素早さの調整★

ポケモン実況者のくろこさんがS25で最終1位を達成された時のチョッキホウオウ(S実数値116)を意識

耐久振りサンダーに羽休めで粘られた時に地震を当てたいので無振りサンダー(S実数値120)にギリギリ抜かれるように調整

 

ダイマックスエースとして採用するにあたって、炎+飛行+地面という広い攻撃範囲を持つホウオウに魅力を感じて構築の主役にしました!

必ず初手ダイマさせるのであれば、いのちのたまを持たせた方が良さそうでしたが、初手対面で相手が退いてきた時に初手ダイマで荒らしきれない場面が多々あったため、攻撃性能を持たせつつ、初手ダイマしなかった時にサイクルも回せるようにするべく、チョッキを持たせるに至りました。

突撃チョッキを持つことで

①重いカイオーガダイマックス対決をした時に撃ち勝てる

②重いバドレックスのアストラルビットに受け出すことができる

③後投げからジオコントロール済C+2電気技持ちゼルネアスに撃ち勝てる

と言った相性関係をひっくり返す異常な耐久力を得ることができました!

回復技がなくても特性さいせいりょくで手持ちに戻せば回復するのでその点も強かったです。

 

② 連撃ウーラオス

f:id:chiro_uxie:20220506184128j:image

いじっぱり/きあいのたすき

AS252

すいりゅうれんだ/インファイト/ちょうはつ/アクアジェット

 

ホウオウをエースにする以上、霊獣ランドロスが天敵になるため、威嚇を受けようが、すいりゅうれんだでぶち抜ける連撃ウーラオスを採用しました。ホウオウがステルスロックに弱いため、欠伸ステルスロック展開をシャットアウトできるよう、挑発を採用しました。

挑発を採用することにより、ジガルデをほぼ機能停止に追い込むことができるのも強かったです。

カイオーガの雨に只乗りできるのも、今の環境にマッチしていると思います。

威力優先でいじっぱりで採用しましたが、最速のランドロスの数が多かったため、陽気で採用した方が良かったと思ったのが反省点です。

 

メタモン

f:id:chiro_uxie:20220506184145j:image

こだわりスカーフ

H252/へんしん

 

黒バドレックスを切り返すことができるポケモンをチームに入れたかったため、採用しました。

下記のムゲンダイナが剣舞ザシアンに突破された時にコピーして切り返すこともできる万能ポケモンでした!

構築上、ゼクロムが無理であるため、メタモンでコピーしてなんとかしようとしてました(どうにもなりませんでしたw悲しみ…)。

対戦でメタモンを採用するのが初めてであったため、孵化用のメタモンを流用しました。そのため、ニックネームが酷いことになっていますが、見なかったことにしておいていただけると嬉しいです。

 

④ムゲンダイナ

f:id:chiro_uxie:20220506142603j:image

おくびょう/くろいヘドロ

H76 B204 C4 D4 S220

ダイマックスほう/かえんほうしゃ/コスモパワー/じこさいせい

 

調整は毎シーズンランクバトルで好成績を残されている、うわっきーさん(@Porygon__X)の調整を参考にさせていただきました!

ブログへのリンクの掲載許可をいただきましたので、貼らせていただきます。↓

https://mega-salamance.hatenablog.com/entry/2022/04/26/014214

 

ホウオウで暴れて数的有利を稼いだ後に相手を詰ませるのを目的としてチームに入れました。

ラッキーやポリゴン2などの受けポケモン意識でダイマックスほうの枠はどくどくにするか悩みましたが、ウーラオスの挑発からのジガルデの処理速度を早めたり、ミラー対決意識でダイマックスほうは切れませんでした。

ラッキーやポリゴン2は倒せないため、数的有利を取ったあとホウオウを引っ込めてTODでの勝利を目指しました。

 

ユクシー

f:id:chiro_uxie:20220506150331j:image

おだやか/ナモのみ(あく技半減の実)

H244 B28 C236

エナジーボール/でんじは/こらえる/おきみやげ

★調整★

H252振りヌオーをエナジーボールで確定1発

残りHB

特化イベルタルの珠ダイアーク(あくのはどうベース)をきのみの力で耐える調整…のつもりでしたが、12.5%の乱数で飛んでたのでBに振った28はDに振ってください笑

その調整で確定耐えになります。

 

構築上イベルタルが重いので切り返し要員として採用しました。

主に3月に流行ったレンタル構築である「ザシアン+イベルタルラグラージ」のような構築に刺していきます。

①ホウオウでラグラージに突っ込む。ホウオウのギガドレインくらい耐えるのでラグラージ側は余裕の突っぱりで欠伸。

ユクシー降臨。ステルスロックを撒かれる。

エナジーボールラグラージを倒す。イベルタルが出てくる。

④ここから流れで分岐

パターン1 :イベルタルダイマ

ナモのみでダイアークを耐えて電磁波!こらえるでダイマックスターンを枯らす。

パターン2:イベルタルダイマ

ナモのみであくのはどうを耐えて電磁波!(怯んだらそっと降参ボタンを押す。)おきみやげで弱らせる。

⑤ホウオウ再降臨。ステルスロックで体力半分削れるが、ダイマターンが枯れていて麻痺状態、もしくは置き土産と電磁波でヘロヘロのイベルタルになんかチョッキホウオウが負けるわけがなく、ダイバーン連打で吹き飛ばす。

⑥ムゲンダイナでザシアンを止めて勝ち(晴れているので火炎放射の威力も上がっており、かなり有利)。

 

③でイベルタルではなく、ザシアンが出てきたとしても、持ち前の耐久力で一度は耐えるので電磁波を撒く最低限の仕事はできます(身代わりされたら泣きます。ただ、大体イベルタルが出てきました)。

しかし、シーズンも終盤を迎えるに当たって上記の構築は数を減らし続け、最終的には全く当たらなくなってしまったので日に日に選出ができなくなり、月末は涙で枕を濡らしていました。

なお、ラグイベルザシアンのイベルタルを特殊型で想定しているため、物理媒体のダイアークは耐えられません。

より積極的にユクシーイベルタル軸に選出するのであれば、Cを削ってBとDに厚く育成し、物理特殊両対応にした方が良いと思います!

 

ちなみに黒バドレックス対策のカシブのみ(ゴースト技半減の実)ユクシーも育成しました。

きのみの力で黒バドレックスのC+1ダイホロウを耐える調整。

f:id:chiro_uxie:20220511012301j:image

このユクシーで黒バドレックスを破壊してやろう。ウッキウキでランクマに潜り、黒バドレックス対面、ダイアークを叩き込もうとしました。

「きんちょうかん」できのみを食べられないことを忘れて。

ユクシー…ごめん。君のトレーナーはアホだ。

 

テッカグヤ

f:id:chiro_uxie:20220506154029j:image

わんぱく/たべのこし

H252 B236 S20

ヘビーボンバー/やどりぎのたね/まもる/みがわり

 

ここまでで重い日食ネクロズマに対抗し得るポケモンとして最後に採用しました。

同族意識で気持ちSにも振ってます。

(やどりぎのたねを当ててくれれば)後出しから龍舞ネクロズマを止めることができます。

日食ネクロズマ戦は下手に抜群技で攻撃をすると弱点保険を発動される可能性が高いので、焦って倒そうとせずに、テッカグヤで受け切る(もしくは流す)ことができるようなプレイイングを心掛けると勝率が上がりました。

ただし、ゼクロム入りの構築に95%くらいの確率で負けていた点を踏まえるとテッカグヤよりナットレイを構築に入れた方が良かったことにシーズンを終えてから気付きました…笑

 

★最後に★

今期はS28の時ほどポケモンに費やす時間を確保することができなかったため、最終日までやり込むつもりはありませんでしたが、最終日の前日にレート1800を超えたため、結局最終日も潜りました。なんだかんだポケモン対戦は楽しいです。

ただし、結局最終日は本ROMのレートを20くらい上げただけで、サブROMを溶かすだけの結果となり、全く勝つことができませんでした。

最終的な結果はS28とほぼ変わりませんでしたが、禁止伝説級のポケモンを採用する環境に真剣に取り組むようになってから初めてザシアンを抜いた構築に挑戦できた点、ユクシーを置物にせずに選出に絡めることができた点は良かったと思います。

長い長い禁止伝説級ポケモン2体のルールも過ぎてみれば早いもので折り返しに差し掛かりましたが、まだまだ最高レートを更新することができる気配すらなく、正直もうランクマは一旦諦めてレジェンドアルセウスの図鑑埋めでもやろうかな、ダイパリメイクで色粘りでもしようかな、ポケモンユナイトでもやろうかな、マリオカートでもやろうかななどなど思ってしまったこともありました笑

そんな迷いも生じていたタイミングでに5月頭に大規模なポケモン対戦のオフ会、「ポケリーグオフ」が開催され、参加させていただきました。

そこでは、今の自分の実力では普段のランクバトルでなかなか対戦することができないような強者の方々と対戦をさせていただいたり、憧れのバンビーさんや、いろはさん、くろこさん等の実況者の皆様とお会いすることができたり、ハイレベルな決勝リーグの試合を間近で観ることができたりと普段得られないような刺激を受けることができました。

何より、「対戦を頑張りたい」という同じ目的を持つ方々と直接話をさせていただいたり、対面で対戦することができたのが大きな刺激となり、「まだまだ頑張りたい!」と改めて思えるようになりました。

ずっとパーティーの一番上にいてくれる相棒ユクシーとこれからも自分のペースで頑張っていきたいと思います!

f:id:chiro_uxie:20220510184537j:image

 

 

 

 

【剣盾シングルS28】領域展開イベルザシアン!ユクシーを添えて【最終533位・レート1869】

f:id:chiro_uxie:20220402134136j:image

 

★はじめに★

相棒のユクシーと一緒にポケモン対戦をするのが好きなチロ★♪です!

お久しぶりの剣盾の記事になります!

相棒ユクシーの故郷であるシンオウ地方(ヒスイ地方)での対戦や冒険が楽し過ぎて3か月くらいガラル地方にログインしていない期間がありましたが、今年の冬に完全新作、ポケモンSVが発売するということで対戦意欲に火がついて復帰しました!

SVではおそらく発売後1年間はユクシーと一緒に対戦できないことが想定されるので、今のうちに思い残すことないくらい対戦を楽しむべく、禁止伝説級ポケモン2体ルールに相棒ユクシーと一緒に挑戦しました!

 

★最終結果★

最終533位(レート1869)

f:id:chiro_uxie:20220401200016j:image

 

★使用構築★

f:id:chiro_uxie:20220402134115j:image

 

★構築経緯★

禁止伝説級環境を戦う上で扱いが慣れているポケモンを使いたいと思い、ダイマックスなし環境で2か月間一緒に戦い続けたザシアンをチームに入れることから構築を組み始めました!

ザシアンの相棒となる禁止伝説級ポケモンはザシアンが苦手なネクロズマやヌオー等に大きなダメージを期待できて攻めの相性が良いイベルタル

次に相手のザシアンの攻撃を受けるポケモンが必要で当初はヌオーを採用していましたが、受けるだけでなく、クイックターンで対面操作まで可能な柔軟に立ち回ることができるラグラージを採用。

ここまでで初手ダイマサンダーにボコボコにされてしまうため、タイプ相性上とても有利なバンギラスを採用。

以上4体だと初手スカーフしおふきカイオーガに全員洗い流されてしまうため、貯水ガマゲロゲを採用。

最後に環境に多いネクロズマ+ゼルネアスみたいな構築に威嚇を絡めながら強く立ち回ることができ、ザシアンが苦手なヌオーにもくさむすびで崩しが行うことができる突撃チョッキを持った霊獣ランドロスを採用して構築が完成!!

…というところまで辿り着いたのですが、相棒ユクシー

「チロ★♪、俺は…?俺は……??ついに抜いちゃうの( ;  ; )?もうすぐまた離れ離れかもしれないのに…」

という魂の叫びが聞こえたため、最後のネクロズマ+ゼルネアスは気合いと鬼の立ち回りでなんとかすることとし、ランドロスユクシーに代え、以上6体でランクバトルに挑みました!

 

 

★個別型紹介★

ユクシー

f:id:chiro_uxie:20220402140147j:image

構築経緯のところで書かせていただいたとおり、今回はバトルの上で何かの役割を持たせるためにユクシーをチームに入れたわけではなく、あくまで「ランクバトルを戦い続ける上での精神的支柱」というポジションでチームに入れたため、正直なところ、選出するつもりが最初からありませんでした。

ただし、現在目標にしている「レート2000達成」は絶対に相棒ユクシーと一緒に辿り着きたいという夢があるため、チームから外す選択肢はありませんでしたし、初めてユクシーと一緒に「レート1800」、「レート1900」と当時掲げていた目標を達成した時には何にも代え難い喜びと達成感を感じることができたため、あの時以上の気持ちを一回でもいつか味わってみたいという強い想いがあり、今回はユクシーを肩に乗せながら実際のバトルは以下に紹介する5体と一緒に戦いました!

なので今回のユクシー努力値配分等の紹介はあまり意味のないものとなるため、省かせていただきます。(自由枠なので皆様の嫁ポケモンに置き換えていただいて大丈夫です笑)

 

イベルタル

f:id:chiro_uxie:20220402144222j:image

ひかえめ@いのちのたま

技構成

あくのはどう/デスウイング/ねっぷう/おいかぜ

努力値配分

B92 C252 S164

 

B 特化+1ザシアンのきょじゅうざんを確定耐えしつつ、珠ダメージ1回分確定耐え

C 199-135ザシアンをダイバーンでほぼ一撃(75%の乱数)

S 最速ウオノラゴン抜き

 

ほぼ全試合に選出しました。ダイマックス時のパワーは破格の性能を持っていますが、ダイマックスが終わった後、相手のダイジェットポケモンの起点にされ、裏まで制圧されてしまうケースが多かったため、その対策としてダイマックス後に追い風を吹かせ、イベルタルがやられた後、相方のザシアンが常に相手の上を取ることができるような状況をつくりたくてこの構成になりました!流行に乗らせていただいて「領域展開イベルタル」と名付けさせていただきましたw

他にもダイウォールの使い勝手が良かったり、相手目線こちらのダイジェット安定のターンにダイマックスを温存し、追い風を吹かせることができたりと色々と便利でした!

また、Bに厚く振っているため、裏がザシアンを受けられない場合、対面からであればほぼほぼ相手のザシアンをダイバーンで消し飛ばせるのも強かったです。

 

ラグラージ

f:id:chiro_uxie:20220402145948j:image

のんき@オボンのみ

技構成

クイックターン/じしん/あくび/ステルスロック

努力値配分

H252 B236 D20 Sは個体値0(最遅)

 

A222ザシアンの+1じゃれつく2発オボン込み確定耐え(+1きょじゅうざん&じゃれつくも確定耐え)

C特化珠サンダーのダイジェットを94%の確率で耐える(臆病であれば確定耐え)

 

イベルタルをチームのエースにしている以上、相手のザシアンを受けられるポケモンが裏にいないと現環境では試合になりません。

当初はヌオーを採用していましたが、ザシアンの攻撃を受けて欠伸で眠されたり退けられる、そのタイミングでステルスロックを展開したりクイックターンで切り返すこともできる、ラストにザシアンと1vs1で対面した際に打ち勝つこともできる、そんなポケモンが強いと思い、ラグラージを採用しました!

タイプ上、きょじゅうざんを半減で受けられるため、こちらのザシアンをコピーされても切り返すことができるのも強かったです。

素早さも最遅で厳選しているため、調整を甘えているミラーに関しては後攻クイックターンで相手の欠伸ループから離脱できます…が、まだガラルに残っている戦士でそんな甘えたプレイヤーは存在しておらず、基本的に同速勝負でした笑

なので、最終日は「後攻!後攻!素早さ負けろ!負けろ!頑張るな!頑張るな!」とかいう謎の応援を一生ラグラージにかけてましたw

 

④ザシアン

f:id:chiro_uxie:20220402142611j:image

いじっぱり@ふとうのけん

技構成

きょじゅうざん/こおりのきば/ワイルドボルト/でんこうせっか

努力値配分

H220 A236 S52

 

A ほぼ特化

S 今期良く見るレンタル構築(S27でポケモン実況者のバンビーさんが最終7位を達成したパーティー)のザシアンの素早さ+1

 

ザシアンの素早さの調整は準速130族抜きにしたりシーズンを通して色々悩みましたが、中途半端にSを振ると相手のザシアンに上を取られた時に耐久力がなさ過ぎて何もできずに倒されてしまったり、最悪の場合は剣舞の起点にされてしまい試合が終わってしまうため、ザシアンは最速にするか、素早さは負けてる前提で耐久に振って攻撃力に特化するのが強いのではないかという考えに落ち着きました。

追い風イベルタルでの展開を考えてる以上、ザシアンの素早さは最低限環境に多い耐久振りザシアンを抜いていれば良いという考えでこの調整になりました。

じゃれつくが欲しい場面、インファイトが欲しい場面は多々ありましたが、それらを採用してしまうとラグラージに強くなってしまい、ザシアンがメタモンにコピーされた場合、ラグラージで受けが成立しなくなるため、技構成は技範囲を広げつつ、ラグラージにとことん弱くしました。

 

ガマゲロゲ

f:id:chiro_uxie:20220402174926j:image

なまいき@ウイのみ

技構成

こごえるかぜ/じしん/どくどく/まもる

努力値配分

H212 B92 D204

 

HB

陽気鉢巻ウーラオスの暗黒強打もインファイトも確定耐え

A特化ザシアンの+1じゃれつくを確定耐え

HD

無振りサンダーのダイジェットを2耐えした後きのみが発動する

臆病珠サンダーのダイジェットをまもる込みで2耐えするのでダイマックスターンを枯らすことができる

 

カイオーガ受けをするだけなら回復技があるトリトドンの方が強いとは思いますが、

・アタッカー型も一定数いるので型バレしにくい

ユクシーを選出するつもりがないので残り5体はどんな構築が相手でも幅広く対応できるポケモンである必要がある

という理由でガマゲロゲを採用しました!

こごえるかぜの枠は元々はねっとうでしたが、

・耐久振りサンダーの身代わりが割れない

・誇張抜きで20回以上撃ったけど1回たりとも焼かなくて非常に腹が立った

という理由でこの技構成に落ち着きました。

かなり耐久に厚く振っているので、耐久振りサンダーのダイマックスターンを枯らした後、ダイジェットで上げたサンダーの素早さを下げることができる…みたいな動きもでき、この変更は正解でした!

一撃で落とされるケースが少なく、どんなポケモンが相手でも何かしら活躍してくれ、出落ちすることがなかったのが偉かったです!

 

バンギラス

f:id:chiro_uxie:20220402184217j:image

ようき@きあいのたすき

技構成

がんせきふうじ/ちょうはつ/ステルスロック/でんじは

努力値配分

H252 D76 S180

素早さ…S20振りのホウオウ抜き

 

元々はサンダーやバドレックスを受けるのが役割でしたが、前述の理由で幅広い構築に選出できることが必要だったので、この構成になりました!襷を持たせてますが、本来のD受けの役割も担ってもらいたいので耐久に厚く振ってます。かなりお気に入りのバンギラスです。

 

・がんせきふうじ

素早さに厚く振っているので、耐久振りのホウオウの上からぶち当てる。サンダーの素早さを落とすことができる。

・ちょうはつ

バトン構築を機能停止にする。ムゲンダイナに積み技をさせない。ヌオー等の欠伸ステルスロック展開をシャットアウト。

・でんじは

エースバーンぶっ刺さりパーティーなので初手にエースバーンが出てくる。エースバーンvsバンギラスの対面ができたらみんなニッコニコで初手ダイマックスしてくる(しかもダイジェット)。電磁波で機能停止にしながらステルスロックバンギラスを倒す頃には麻痺状態で格闘タイプになってるので裏のザシアンで一刀両断(またはイベルタルの起点)。きあいのたすきを持ってるので最悪でもザシアンやらウオノラゴンやらヒヒダルマやらに電磁波を撃ちこむことができるので腐りにくい。

 

★主な選出★

レートを上げる過程での試合運びです。上位のプレイヤーは普通に読んで来ますので3桁を越えるあたりからはあくまで参考程度ということでお願いします。

 

・vsミラー(ザシイベルラグ)

ザシアン+イベルタルラグラージ

相手のラグラージをサイクルで削りながらイベルタルvsラグラージ対面をつくり、ダイジェット。イベルタルダイマックスが切れたら領域展開(おいかぜ)。ザシアンで暴れ回ってラグラージで詰める。

 

・vsザシアン+カイオーガ

ザシアン+ガマゲロゲイベルタルorラグラージ

初手にカイオーガが来やすい。初手にザシアンを投げて素早さ判定。スカーフならしおふきが飛んでくる。遅ければダイストリームが飛んでくる。いずれにせよガマゲロゲ退き安定。こちらが試合のペースを掴むことができる。

 

・vsザシアン+禁伝+ヌオー

ザシアン+イベルタル+@1(大体ラグラージ

イベルタルとヌオーの対面をつくり、領域展開(ヌオーを倒されたくはないはずなので大体退くか守ってくる)。イベルタルダイマックスして相手がザシアンでもバドレックスでも上から暴れ回る。

 

・vs黒バドレックス

バンギラスイベルタル+@1(大体ラグラージ

1回目のバンギラスvsバドレックス対面は大体退いてくるのでがんせきふうじや電磁波を撃ち込む。受けポケモンに退かれたら挑発して展開を阻害してから退く。ラグラージクイックターンを駆使して有利対面をガンガンつくる。

 

・vsゼルネアス+ネクロズマ

ザシアン+イベルタルラグラージ

初手は大体ゼルネアスなのでザシアン投げる。ネクロズマ退き読みでイベルタルを合わせる。ゼルネアスに退いてくる読みでデスウイング。再度ザシアンに退いてムーンフォースを受ける。ネクロズマに退いてきて攻撃してくるのでラグラージで受けて切り返す。ゼルネアスはもうイベルタルのダイジェットを受けられないのでサイクル有利になる。ザシアンの体力管理がかなり重要なので何回もゼルネアスにザシアンは受け出しはできない。ゼルネアスが削れた状態でイベルタルvsネクロズマ対面が作れれば勝てるが、失敗したら負ける。

 

・ホウオウ入り

バンギラスイベルタル+ザシアンorラグラージ

バンギラスの電磁波や挑発で取り巻きを機能停止にさせてイベルタルで領域展開する。

 

・ジガルデ入り

ザシアン+イベルタル+@1(大体ラグラージ

D振りジガルデはダイマックスしなくてもイベルタルの控えめ珠ダイアークを耐えてくるのでジガルデが削れてなかったら安易にジガルデ対面でダイマックスしない方が良い(へびにらみをされてもおいかぜあるので抗うことはできる。立ち回りを失敗して耐えられても絶望はしなくて良い)。

 

ユクシーは全試合ゼンリョク応援】

試合には出ませんが精神的支柱として、全試合応援してくれました。まるでサトシのピカチュウやウオノラゴンのように時には笑って、時には心配しながらずっと隣にいてくれました。

f:id:chiro_uxie:20220402200907j:image

 

★重いポケモン

ザシアンにじゃれつくがないので、ゼクロムがかなりキツかった。龍舞されたら終わりました(一応ガマゲロゲがこごえるかぜあったりするのでSを下げたり身代わりを割ったりしながら抗うことはできる)。

イベルタルをエースにしている以上、バンギラスはやはり重かったです。サイクルで何回ステルスロックを踏ませるかが勝負だったので毎試合、ステルスロックは撒けるようにラグラージにもバンギラスにも覚えさせました。

すごく重い構築はありませんでしたが、逆に安定して勝てる構築もあまりなかったので対戦数をこなして立ち回りの練度を上げる必要があります。

 

★あとがたり★

初めから分かってはいましたが、自分より強い人たちが自分より環境を考察してパーティーを組んで上位を目指して対戦に臨んでいる中、5体で上を目指すなんてランクバトルを甘く考え過ぎていました。もっとユクシーを活かせるパーティーをじっくり考察するべきでしたが、「早く対戦をしたい!」という気持ちが先行してしまいました。大いに反省しています。まだこのルールは8月まであるので、ユクシーを「活かすことができる」パーティーを考察することができたら、またゼロから再スタートしたいと思います!ここまで読んでいただいてありがとうございました!

 

最後になりますが、この記事を読んでいただいた方の中で、

 

・ランクバトルには興味あるけど僕の好きなポケモン、バトル向きじゃないから今の環境だとザシアンに真っ二つにされちゃうな。レート2000はあれだけど、好きなポケモンをチームに入れて最終3桁順位を取ってみたいな。

・私の好きなポケモン、草タイプなんだよね…。毎回サンダーにダイジェットされて吹き飛ばされるからランクバトルに潜る気起きないな。でも好きなポケモンと最終3桁順位の景色を見てみたいな。

 

という方がもしいらっしゃれば、最終3桁順位であれば「好きなポケモン+この5体」で行けると思います!

完全新作発売前に是非一緒にダイマックス環境でポケモン対戦を楽しみましょう!

 

 

 

 

 

【BDSPシングル】攻撃型ユクシー&ルカリオとシンオウ地方の仲間たち【アシキ杯アンコール最終3位】

f:id:chiro_uxie:20220116131354j:image

 

★はじめに★

こんにちは!

いつも相棒のユクシーと一緒にポケモン対戦を楽しんでいるチロ★♪です!

普段は未だ達成できていない「ユクシーと一緒にレート2000」という目標に向けてガラル地方を舞台に戦い続けています!

今回はユクシーの生まれ故郷であるシンオウ地方でガチ対戦ができるということでポケモン実況者のアシキさんが開催された「アシキ杯アンコール」に参加させていただきました!

アシキさんは現在のシンオウ地方の主な対戦環境の舞台となっている「63504649」の合言葉を発案された実況者さんでダイパ環境を考察するにあたっていつも動画を参考にさせていただいています!

 

(アシキさんのYouTubeチャンネル↓)

https://youtube.com/channel/UCDLXHZ72-ccUrUL423TbjdA

 

★最終結果★

最終3位

f:id:chiro_uxie:20220116143920j:image

 

★構築経緯★

ユクシーの次に好きなポケモンルカリオです!

f:id:chiro_uxie:20220116145604j:image

メガシンカが実装されていた時はユクシールカリオを組ませたパーティーで目標達成に向けて対戦に励んでいましたが、パワーインフレが進んだガラルの環境で2体同時に活躍させる手腕がなく、長らくルカリオを構築に入れることが出来ていませんでした。

シンオウの対戦環境では、ダイマックスもなければルカリオのメイン技を止めることができるゴーストタイプ等の数も少ないため、ルカリオの攻撃が通りやすいことから再び大好きなユクシールカリオと一緒に対戦がしたいと思い、構築を組みました。

 

★個別型紹介★

マンムー

f:id:chiro_uxie:20220116150758j:image

NN:むーたん

持ち物:きあいのたすき

特性: どんかん 性格: ようき

努力値: A252 S252 余りB

実数値:185-182-101-×-80-145

技:つららばり/じしん/こおりのつぶて/ステルスロック

弱点が多いため、受けには向いていない代わりに氷と地面という抜群の攻撃範囲を誇るマンムーは「きあいのたすき」枠に最適でした!

特性のどんかんで威嚇を無効にできる点や環境に多いラティオスバンギラスガブリアスバシャーモキノガッサ等に有効な打点を持っているのが強いポケモンです。

最速の身代わり持ちのポイヒキノガッサを抜いておきたいため、素早さは最速。

技の最後の1枠は岩技やフリーズドライも候補に挙がりましたが、有利対面ができた時に相手の退きに合わせて撃て、後述のルカリオのサポートができるステルスロックを採用しました。

ルカリオ

f:id:chiro_uxie:20220116152557j:image

NN:チロリオ

持ち物:いのちのたま

特性: せいしんりょく 性格: いじっぱり

努力値: H108 A252 B4 D116 S28

実数値:159-178-91-×-105-114

技:インファイト/しんそく/つるぎのまい/みがわり

H 16n−1 いのちのたまダメージ最良効率

D 眼鏡ラティオスサイコキネシス確定耐え

S 準速バンギラス抜き

 

きあいのたすきはマンムーに持たせたため、ルカリオにはいのちのたまを持たせました!

シンオウ環境での剣舞ルカリオの制圧力はすごく、環境1位、2位のポケモンを縛ることができます。

HBハッサム

…+2インファイトで確定1発

無振りラティオス

…+2しんそくでステロ込確定1発

 

素早さのラインをだいぶ落とした関係でマンムーどころか最速のバンギラスすら抜いていませんが、それらのポケモンたちがルカリオと対面した場合、相手目線では不利対面に見え、退いてくることが多く、剣舞を積むタイミングはかなりありました。

ラスト1枠は中間択になり得る身代わりを採用しました。

また、ルカリオは攻撃範囲が非常に広いポケモンのため、底上げした耐久力を活かしてピクシーや襷まで削れたゲンガーに後投げをし、あたかもコメットパンチやバレットパンチ等の有効打を持っているかのように立ち振る舞い、交代先のポケモンインファイトをぶちかまし、サイクルを崩壊させたりしていました。

 

ユクシー

f:id:chiro_uxie:20220116155412j:image

NN:アイビー

持ち物:カゴのみ

特性: ふゆう 性格: おくびょう

努力値: H116 C252  S140

実数値:165-×-150-127-150-146

技:サイコキネシス/ギガドレイン/めいそう/ねむる

S…最速マンムー抜き

 

「アイビー」の花言葉は「永遠の愛」、「友情」。

ユクシーは起点作りが得意なポケモンですが、最高の相棒はアタッカーとして活躍させたいため、環境に適応できるように育成を試みました!

環境に多いキノガッサマンムーを抜けるよう、素早さのラインを調整し、カゴのみを持たせることで対面処理を可能にしました。

また、天然ヌオーや硬い地面タイプ等、ルカリオで相手をしにくいポケモンを迅速に倒せるよう、他のUMAとの差別化にもなるギガドレインを採用。

環境に多いバシャーモや水ロトムに有効な打点を持てるのも偉かったです。

シンオウにはウーラオスミミッキュ、ドラパルト等の天敵がいないため、火力が足りない代わりに耐久力があるユクシーは瞑想を積むチャンスは多かったです。

回復技がないため、カゴのみとシナジーがあるねむるを採用し、要塞型のアタッカーとして活躍してくれました。

f:id:chiro_uxie:20220116185443j:image

 

メガヤンマ

f:id:chiro_uxie:20220116163100j:image

NN:ソニック

持ち物:たまむしプレート

特性: かそく 性格: ひかえめ

努力値: C252  S252 残りB

実数値:161-×-107-184-76-147

技:エアスラッシュ/むしのさざめき/みきり/みがわり

ここまでで誰も環境に多いガブリアスラティオスの素早さを抜いていない、身代わり持ちの耐久型に有効なポケモンがいない、特殊の高火力のポケモンが欲しいということで加速込みでそれら全てを網羅しているメガヤンマを採用しました!

環境に多い最速マンムー抜き調整の身代わりスイクンの素早さ実数値を「1」上回っているのが偉かったです。

また、特殊耐久力はほぼないと言っても過言ではないメガヤンマですが、B方面はかなり厚く、無振りでも意地ハッサム剣舞バレパンを耐えることができます。

技のラスト1枠は、とんぼがえりがメジャーですが、状態異常技を無効化できたり中間択になり得る身代わりを採用しました。バシャーモと対面した場合、守られても攻撃されても退かれても身代わりが安定択になるのが強かったです!

今回の大会には対戦強者が集まっていたため、基本的にはメガヤンマメガヤンマに弱点を突かれるメガヤンマより速いポケモンが対面した場合、みきり読みの行動をされるものだと割り切り、ラティオスと対面しようが全て初手から突っ込みました。

大会ではその判断が良い方向に働き、見切り読みで相手のポケモンが退いてきた際、裏に大きな負荷をかけ、メガヤンマ1体で3縦できたりしました。

なお、大会前の練習でフリー対戦をしていて、メガヤンマの3縦が決まった時は大体切断されました笑

f:id:chiro_uxie:20220116175203j:image

 

⑤水ロトム

f:id:chiro_uxie:20220116182949j:image

NN:あらうロト〜

持ち物:オボンのみ

特性: ふゆう 性格: すぶとい

努力値: H252  B252 残りS

実数値:157-×-174-125-127-104

技:ボルトチェンジ/ハイドロポンプ/おにび/わるだくみ

ここまでで誰も炎技…どころかバシャーモやらガブリアスやらギャラドスやらカイリューやらあらゆる高火力ポケモンの攻撃を受けることができないので、それらのポケモンの攻撃を安定して受けてサイクルを回せるよう水ロトムを採用。

浮いている点、ボルトチェンジをカットする地面タイプに対する強力な打点であるハイドロポンプ、物理ポケモンを機能停止にできるおにびを撃つことができるのが強いです。

ラスト1枠は暇な時に撃てたら大きなアドバンテージになるわるだくみを採用。

HBミトムは火力がないため、水タイプのポケモンが耐え切ってミラーコートで返そうとしてきたりしますが、それを一切許さない点とラス1がミトム対決になった時に有利になる点が偉かったです。

 

ドンカラス

f:id:chiro_uxie:20220116184032j:image

NN:チロクロウ

持ち物:くろいめがね

特性: じしんかじょう 性格: ようき

努力値: A252  S252 残り D

実数値:175-177-72-×-73-135

技:ふいうち/ブレイブバード/つじぎり/ちょうはつ

ここまででステルスロック(特にふきとばしも併せ持つエアームド)がきつかった点とゲンガー等のゴーストタイプの技の一貫があり過ぎる点からラスト1枠はドンカラスに辿り着きました。

エアームドにちょうはつを入れた後は大体退いてくるので攻撃のチャンス。ノータイムのブレイブバードで交代で出てきたバシャーモが消し飛んだりしました。

じしんかじょうで攻撃力が上がった後のふいうちの制圧力は半端なく、終盤の掃除役としても活躍してくれました。

また、キノガッサより素早さの種族値が「1」高いのもポイントが高かったです。

 

★主な選出★

基本選出はありませんが、良く対戦した並びは

vs ヒードランハッサムラティオス

マンムー、水ロトムルカリオ

良くヒードランが先発で出されました。

ノータイムで交換読みステルスロックハッサムの攻撃をミトムで受けてボルトチェンジルカリオで荒らしてマンムーで詰めました。

 

vs受けループ

ロトムエアームドハピナス

ドンカラスルカリオロトム

相手のロトムは大体スカーフ。

エアームドから出されるとステルスロックが怖いのでドンカラスから。

ロトムでサイクルを回しながらルカリオハピナス対面をつくり、剣舞ルカリオでの全抜きを狙いました。

 

vsバシャーモハッサム、水ロトム

メガヤンマ、水ロトム@1

バシャーモに弱く見えるらしく、大体先発で出てきたので、身代わりを貼り、エアスラッシュとさざめきで負荷をかけていきました。

ハッサムから出された場合は一度エアスラッシュを入れた後、水ロトムに退き、サイクルを回しますが、水ロトムバシャーモインファイトを耐えなくなるくらい削れてしまうとバシャーモに全抜きされてしまうので苦しかったです。

 

ユクシーキノガッサ入りのパーティールカリオを通したい時に邪魔なヌオーがいたりした時に出していました。

 

★宿敵★

バシャーモ

f:id:chiro_uxie:20220116192103j:image

ロトムが削られ過ぎるとサイクル下で誰もバシャーモの攻撃を受けることができないのが構築の欠陥でした。

この対策が大会までに間に合わなかったため、逆にパーティーバシャーモに弱く見せ、先発に誘き出すようにし、対面で殴り勝つようにしていましたが、先発で出てこなかった時は正直かなり厳しかったので対策が必要だと再認識しました。

 

★あとがたり★

ダイパリメイクは育成環境がかなり大変で発売後数週間は通勤中も孵化したりバトルタワーでBPを集めたり血眼になって対戦環境を整えました。そして、バトルタワーのトレーナーが強いため、バトルタワーを勝ち上がるためにはそのためのポケモンの育成が不可欠でした。その上、剣盾のようにレンタルチーム等もないので自分でポケモンの育成をするしかありません。

なので、対戦人口が増えることを望んではいますが、必ずしもダイパリメイクでの対戦を強くはお薦めできません。

ただ、特定のポケモンだけ絆の力でメガシンカをしたり、いきなりダイマックスして攻撃が通らなくなったり、ザシアンがすごい顔をしてきょじゅうざんで切り掛かってくることもないので、自分の好きなポケモンがマイナーでもそのポケモンを活躍させやすい環境だとは思います!

なので、

・昔シンオウ地方を旅したな。また綺麗な画面で冒険をしてみたいな。

・対戦してみたいな。ただガラル地方にはもはやバーサーカーみたいな人しか残ってないから怖いな。ランクマは気持ち的にハードル高いけど対戦してみたいな。

・自分の好きなポケモン、結局剣盾には内定しなかったな。でもやっぱり一緒に対戦したいな。

・自分の好きなポケモン、ザシアンには真っ二つにされるし、サンダーにダイジェットされたら無理だよ。あれ?でもダイパリメイクでなら戦えそうだぞ。

…みたいな方にはダイパリメイクを今からでも手に取っていただきたいなとは思います!

是非合言葉、「63504649」で一緒に対戦しましょう^ ^!

 

最後になりますが、大会を主催してくださったアシキさん、運営の皆様、対戦してくださった皆様、本当に楽しい時間をありがとうございました!!

 

★最後に★

増田さん、コロシアム…まだですか…?涙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【剣盾シングルS23】攻めのユクシー&ザシアン構築【最終1336位・レート1824】

f:id:chiro_uxie:20211106090838j:image

 

★はじめに★

ユクシーと一緒にポケモン対戦をするのが好きなチロ★♪です!

S23お疲れ様でした!!

当初、今回の環境は剣盾の醍醐味であるダイマックスがなければ、今までの作品で実装されていたメガシンカもなく、味気ない環境になってしまうのではないかと思い、一時はガラルから離れ、エオス島でサンダーやカジリガメを倒し続ける日々を送っていました。

しかし、8月の終わり頃、急にランクバトルがやりたくなり、再開したところ、サイクル戦の楽しさにのめり込み、気づけば10月も終わっていました。

そして、今期も8月、9月と一緒に戦ってきたユクシー&ザシアンを軸に構築を組みました!

 

★最終結果★

最終1336位(レート1824)

f:id:chiro_uxie:20211106091845j:image

 

★最終日に使用した構築★

f:id:chiro_uxie:20211106092158j:image

 

★個別型紹介★

ユクシー

f:id:chiro_uxie:20211106092419j:image

 

持ち物:ラムのみ

特性: ふゆう 性格: ひかえめ

努力値: H244 C252 余りS

実数値:181-×-150-139-150-117

技:サイコショック/エナジーボール/10万ボルト/わるだくみ

 

決してパーティーから外れることがない永遠の相棒は今回も主にムゲンダイナ入りの受けループの対策、ザシアンで苦手なホウオウ軸を対策する型で育成しました。

 

【対ムゲンダイナ軸受けループへの立ち回り】

f:id:chiro_uxie:20211106130941j:image

①初手でムゲンダイナが出てくるため、こちらの初手はザシアン。

②ヌオーに退いてくるため、交換読みでユクシーに交代。

③草技を警戒してラッキーに退いてくるため、わるだくみを積む。

④わるだくみ2回でラッキーがサイコショックを受けられなくなり、ラッキーを倒す。

⑤ヌオーが出てくるのでエナジーボールで倒す。

⑥ムゲンダイナが出てきて降参をもらう。

 

④でラッキーの「ちいさくなる」の影響でサイコショックを外しまくらない限り、この流れで安定して勝てました!

初手にユクシーを出すとムゲンダイナの身代わりと守る、自己再生でユクシーのPPが枯らされてしまうので必ずザシアンから入って退かせます。

草の打点はヌオーやトリトドンを一撃で倒せるよう、くさむすびではなく、エナジーボールを採用しました。

 

相手の構築にバンギラスが入っている場合は③でラッキーの代わりにバンギラスが出てくるため、わるだくみより優先してエナジーボールを撃ち、ザシアンやレヒレに退くなどサイクルを回しながらバンギラスユクシーエナジーボールを撃ち続け、最終的にわるだくみエナジーボール圏内に入れることで全抜きを狙います。

 

受けループに安定して勝てるだけでこの環境でユクシーを採用する価値はありました!

ただし、最終日に上位帯の受けループとマッチングした際は、今までたべのこし型が多かったカプ・プルルが鉢巻ウッドハンマーを撃ってきてユクシーが一撃で倒されるなど、上手くこの流れでは戦うことができませんでした。

上位の受けループは決まった流れで倒されないような構築を組んでいるため、上位を目指すためには新たな構成・立ち回りが必要だと痛感しました。

 

カプ・レヒレ

f:id:chiro_uxie:20211106095200j:image

 

持ち物:こだわりメガネ

特性: ミストメイカー 性格: おくびょう

努力値: C252 S252 余りD

実数値:145-×-135-147-151-150

技:なみのり/ムーンフォース/ちょうはつ/トリック

 

先月の最終日、ザシアンがサンダーの静電気やウルガモスほのおのからだで一発で状態異常を引き、負けてしまう試合が多かったため、今回はミストフィールドを展開しながら戦うことを決めていました。

ザシアンやサンダーに退かれた際に相手に大きな負荷をかけ、サイクルを封じることができるようこだわりメガネ型。

環境に眼鏡レヒレが多かったため、同速対決ができるよう最速で育成。

ナットレイドヒドイデ等にトリックで眼鏡を押し付けた後、補助技でわちゃわちゃされると嫌なので挑発を採用しましたが、積み構築やバトン構築を重く見るのであれば、くろいきりの採用もありだと思います。

 

ウインディ

f:id:chiro_uxie:20211106100644j:image

 

持ち物:ゴツゴツメット

特性: いかく 性格: ずぶとい

努力値: H252 B252 余りS

実数値:197-×-145-120-100-116

技:かえんほうしゃ/ほえる/おにび/あさのひざし

 

ザシアン対策、ザシアンをコピーされた際のメタモン対策で最終日前日までパーティーに入っていました。

何より「ほえる」が偉く、身代わりや積みも許さないのがウインディの強い点だと思います。

パーティー単位で苦手なウルガモスに対してほんのり強いのも良かったです。

持ち物はステロや毒菱が痛いので「厚底ブーツ」にしたこともあれば、ヌケニンに殺意を感じていた時は「ジャポのみ」にしたこともありましたが、最終的に「ゴツゴツメット」に落ち着きました。

 

④ザシアン

f:id:chiro_uxie:20211106101531j:image

 

持ち物:くちたけん

特性: ふとうのけん 性格: ようき

努力値: H60 S252 余りA

実数値:175-193-135-×-135-220

技:きょじゅうざん/こおりのきば/つるぎのまい/せいなるつるぎインファイト

【調整意図】

S…最速

A…H振りランドロスとの対面、威嚇後こおりのきばで一撃で倒す

残り耐久

 

最強の切り札!

最終日近辺に色違いザシアンが配布されたこともあり、ザシアンの数が多かったため、同速対決に負けないよう、今回は最速。

ランドロスでザシアンを受けてくる相手が多かったため、ASザシアンで分からせました。

完全にASに振り切ってしまうと相手のザシアンのきょじゅうざん+でんこうせっかで落ちてしまうため、最低限の耐久と必要な火力を維持できる調整を目指しました。

ナットレイが重いため、格闘打点が必須でしたが、インファイトを採用してしまうと、メタモンにコピーされた際、ウインディごと全員貫かれてしまうため、ウインディに弱くなるよう「せいなるつるぎ」を採用しました。

ただ、せいなるつるぎだと打力が足りない、受けにくる日食ネクロズマやザシアン受けのポケモンにサイクル上、全く負荷をかけられないため、最終日にインファイトに変更しました。

その関係でこれまで頑張ってくれたウインディは最終日にパーティーから外し、下記のポケモンに変更しました。

 

ギルガルド

f:id:chiro_uxie:20211106110510j:image

 

持ち物:ゴツゴツメット

特性: バトルスイッチ 性格: のんき

努力値: H252 B252 余りS

実数値:167-63-211-70-160-81

技:シャドーボール/アイアンヘッド/かげうち/キングシールド

 

こちらのザシアンが相手のメタモンにコピーされた場合、メタモンを無力化できる物理受け。

対ザシアン、対メタモンへの安定度はウインディの時より格段に上がりましたが、ウルガモスに余計弱くなる、対受けループでラッキーにちいさくなるを積み切られた場合、ほえるで切り返せないなど弊害もありましたので、ウインディが良かったのかギルガルドで良かったのかどちらが正解だったのかは正直未だに分かりません笑

 

⑥ファイヤー(ガラルのすがた)

f:id:chiro_uxie:20211106111709j:image

 

持ち物:オボンのみ

特性: ぎゃくじょう 性格: ひかえめ

努力値: H180 S196 余りC

実数値:188-×-110-150-145-135

技:もえあがるいかり/エアスラッシュ/わるだくみ/こうそくいどう

【調整意図】

H…眼鏡黒バドレックスのアストラルビットを確定2耐え

S…準速マンムーより素速く調整。

最速70族(ポットデスなど)抜き。高速移動後、最速スカーフ110族抜き。

 

ザシアンが苦手なギルガルドや日食ネクロズマ、黒馬バドレックスに対して強いファイヤーを今回も採用しました。

悪巧みと高速移動さえ積めれば、ムゲンダイナ入りやイベルタル入りなど幅広いパーティーに対して全抜きを狙えました。

安全に積み技を積めるよう耐久に厚くしました。

対バドレックス対面できのみを食べられないため、本当はたべのこしを持たせたかったのですが、後述のトリトドンとの取り合いになり、オボンのみを持たせました。

 

トリトドン

f:id:chiro_uxie:20211106120737j:image

 

持ち物:たべのこし

特性: よびみず 性格: ずぶとい

努力値: H252 B252 余りS

実数値:218-×-132-112-102-60

技:ねっとう/だいちのちから/あくび/じこさいせい

 

ウオノラゴンのエラガミ、カイオーガのしおふき、各種電気技の一貫を切ることができる最強の補完枠。

意地でもザシアンでサンダーに触りたくなかったため、最終日前日まではサンダーとの撃ち合いに強くなるようにHDベースのトリトドンをパーティーに入れていましたが、ザシアンのじゃれつくを耐えたり、日食ネクロズマと撃ち合えたり、何よりガブリアス地震を一度耐える耐久があるポケモンが欲しかったため、最終日にHBベースに変更しました!

身代わり瞑想たべのこしカイオーガは無理です。潔く諦めましょう!笑

 

★苦手なポケモン

ガブリアス

襷を盾に対面でザシアンに勝てる。ダイジェットがない中、スケイルショットで攻撃をしながら素早さを上げることができる。剣舞で全抜きを狙える。サブウェポンの選択肢が多い。ステルスロックで襷を潰すことができる。耐久があり、サイクルにも参加できる。

そんな強い強いガブリアスに対抗できるポケモンがチームに少な過ぎました。

ガブリアスを倒すためには、一体犠牲にして襷を潰し、ザシアンで倒すしかないため、ガブリアス入りには出し負けた時点で試合に負けていました。

 

ウルガモス

最終日前日にウインディギルガルドに変更したことにより、カプ・レヒレを上手く合わせて倒すかファイヤーで積んで押し切るしかありませんでした。なので、ザシアンとウルガモスが共存するパーティーには勝てませんでした。

 

ヌケニン

切りました。選出されないことを祈ってました。

万が一選出された場合はザシアンをヌケニンに合わせ、あたかも有効打を持っているかのように立ち回り、ヌケニン対面きょじょうざんを叩き込み、交代で出てきたポケモンを切り倒し、ヌケニンが身動き取れなくなってから処理しました。

稀に勝てました笑

イベルタル&ヌケニンの構築はファイヤーで上手く積むことさえできれば、先程のような「めちゃくちゃ」をしなくても割と安定して勝てました。

 

★最後に★

はっきり言って今回のダイマなし環境では全く結果を残すことはできませんでした。

ただし、今回の環境で戦い続けたことには意味はあったと思います。

ガラルに来てから今までずっと初手ダイマックス構築やダイマックスを使ったギミック構築を使用していたため、サイクル戦に挑戦したことがありませんでした。

そのため、上振れである程度の成績を残すことができたシーズンはあったものの、一向にポケモン対戦が上達することはなく、9世代でダイマックスがなくなったとしたら恐らく全く戦えなくなっていたと思います。

今回、サイクル戦を勉強したことは、これからの戦いにプラスになったと前向きに考え、また一歩ずつ頑張っていきたいと思います!

ついに今月、待望のダイヤモンド・パールが発売されますが、シンオウ地方、そして来年行くことができるヒスイ地方での冒険を満喫したらまた戦いの場に戻ってきますので、対戦よろしくお願いします。

 

 

f:id:chiro_uxie:20211106125001j:image

↑天敵のヌオーをこおりのきばで凍らせて葬ったザシアン。最後まで絶対に諦めてはダメなことを教えてくれました。

 

【剣盾シングルS22】受けループ破壊型ユクシーと特攻隊長ザシアン【最終1133位・レート1869】

f:id:chiro_uxie:20211002192059j:image

 

★はじめに★

ユクシーと一緒にポケモン対戦をするのが好きなチロ★♪です!

「禁止伝説あり、ダイマックスなし」の新ルールとなり、環境がガラッと変わり、久しぶりにランクバトルにのめり込んだシーズンでした!

当時、ガチ対戦はやっていなかったものの、まるで「メガシンカあり、Z技なし」な6世代環境で対戦をしているようで懐かしくもあり、新鮮な気持ちで対戦を楽しめました。

 

相棒のユクシーは当然パーティーに入れるとして、もう1体絶対に一緒に戦いたいポケモンがいました。

f:id:chiro_uxie:20211002001641j:image

ザシアンです🐶⚔

高速高火力の速攻戦術を極めたようなポケモンで、以前愛用していたメガルカリオともイメージが合い、絶対に育成したいポケモンでした!

 

★最終結果★

最終1133位(レート1869)

f:id:chiro_uxie:20211001192520j:image

 

 

★使用構築★

f:id:chiro_uxie:20211001191722j:image

 

★構築経緯★

実はこのパーティーは最終日前日の9月29日に突貫工事で組み立てたチームでシーズンの大部分は以下のパーティーで潜っていました。

f:id:chiro_uxie:20211001192028j:image

カバザシノラゴン、サザンガルドザシアンという2つの軸が非常に使いやすく、シーズン中盤までずっと2万位〜3万位を彷徨いていたのを2000位くらいまで一気に引き上げてくれました。

ただ、このチームには「メタモン」という決定的な弱点がありました。

ザシアンを必ず選出するため、メタモンにザシアンをコピーされてしまうとそのままスカーフきょじゅうざんで全抜きされてしまいます。

中盤はメタモンをたまにしか見なかったため、メタモン入りのパーティーは切っていたのですが、終盤にメタモンが激増。

9月29日には5戦連続メタモン入りとマッチングし、最終日前日に5桁順位まで溶かしてしまいました。

絶望していた時にTwitterを開いたところ、Twitterのトレンドに「マンムー」の単語が。

TLを見ても「マンムーが強い!」の投稿だらけで

「襷マンムーならザシアンをコピーされても止められる。ザシアンを受けに来るサンダーやランドロスドヒドイデにも強い!そうか!マンムーか…!」という発想に至り、マンムーを軸にパーティーを再構築しました。

マンムーだけだと襷なしでは止められないため、きょじゅうざんを半減に抑え、必ず上から電磁波を撒け、スカーフメタモンの足を止められる化身ボルトロスを採用。

ユクシー、ザシアン、マンムー、ボルトだと黒バドレックスで崩壊するため、黒バドレックスを起点にして積むこともできるガラルファイヤーを採用。

最後に誰もカイオーガのしおふきを止められないのでチョッキウオノラゴンをチームに入れ、ボックスの寄せ集めの突貫工事パーティーが完成し、最終日に挑むことができました。

(実はマンムーのトレンド入りはガラル地方ではなく、エオス島での活躍によるものだったのは気づきましたが、考えないことにしました😇)

 

★個別型紹介★

ユクシー

f:id:chiro_uxie:20211002001733j:image

 

NN: アルカディア 持ち物:ラムのみ

特性: 浮遊 性格: 控えめ

努力値: H244 C252 余りS

実数値:181-×-150-139-150-117

技:サイコショック/エナジーボール/10万ボルト/わるだくみ

 

8世代に入ってから愛用し続けている受けループ破壊型悪巧みユクシー

主な役割対象はムゲンダイナ入りの受けループです(大体ムゲンダイナから入ってきて裏にヌオーとラッキーが選出される)。

冠環境ではカバルドンの欠伸を起点にするために草結びを採用していましたが、今の環境ではヌオーやトリトドンが多いため、軽いポケモンへもダメージが見込めるエナジーボールを採用しました。

持ち物は場持ちを良くするために食べ残しも考えましたが、状態異常で定数ダメージが入ってしまうと役割が遂行できなくなるため、お気に入りのラムのみを採用。

積み技については、アグノムクラスのパワーがあるのであれば瞑想もありですが、ユクシーの火力では悪巧みを積まないととても間に合わないため、悪巧み一択。

ムゲンダイナ入り受けループは大体ムゲンダイナから入ってくるため、ザシアンを先頭に。ヌオーに退いてくるのでユクシーを合わせる。大体は怪しんでラッキーに退いてくるので悪巧みをする。悪巧みを2回すればラッキーでも受けられなくなるため、ちいさくなるを積みきられる前に2回巧んでサイコショックでラッキーを倒す。ラッキーを倒したらヌオーが出てくるのでエナジーボールで倒す。ムゲンダイナが出てくるが、降参貰える…という流れで安定して勝てました。

ユクシーから入ってムゲンダイナと対峙すると身代わりや守るでサイコショックのPPが枯らされてしまうため必ずザシアンから入ります。 

 

基本的にムゲンダイナ入り受けループを倒すのがユクシーの仕事ですが、ザシアン受けのヌオーやドヒドイデに強かったり、ユクシーの電気技は意外と読まれないため、ザシアンで相手をしにくいミロカロスや、スイクン、ホウオウ、ファイヤーなどに強かったり、練度が上がるたびにユクシーの選出率が上がり、型を読まれにくいため、勝率も上がっていったように感じました!

 

② ザシアン

f:id:chiro_uxie:20211002001837j:image

 

NN: メガチロリオ 持ち物:くちたけん

特性: ふとうのけん 性格: 意地っ張り

努力値: A236 S116 残りH

実数値:187-242-135-×-135-183

技:きょじゅうざん/じゃれつく/インファイト/ワイルドボルト

 

準速130族抜きのカラフル技構成ザシアン。

当初は剣舞持ちのHS最速ザシアンを使っていましたが、タイプ受けされるのが嫌だったので技構成を虹色にしました。ここまでSに振ることで大体のHAザシアンを抜けるので強かったです!

ただ素早さを上げ過ぎた弊害として相手のスカーフメタモンにザシアンをコピーされた後、後述のボルトロスで電磁波を入れ、麻痺させたとしても、何とマンムーで抜けてないという重大な事実に最終日の朝4時に気づきましたw

このパーティーで使うなら素早さはもう少し落としましょう。

 

マンムー

f:id:chiro_uxie:20211002192715j:image

 

NN: むーたん 持ち物:きあいのタスキ

特性: どんかん 性格: 意地っ張り

努力値: AS252

実数値:185-200-100-×-81-132

技:つららおとし/じしん/岩石封じ/氷の礫

 

構築経緯に記載した理由で採用したザシアンとの相性ばっちりな襷枠。

構築上、ウルガモスが苦手なため、サブウェポンは岩技を採用。

今期のサブウェポンのトレンドはザシアンが苦手なヌオー、カイオーガが苦手なトリトドンに強いフリーズドライだったため、(4桁順位及び3桁順位後半のプレイヤーの中には)こちらのマンムーの岩技を切って襷が削れて体力ミリ残しのマンムーの目の前で蝶舞を積んでくるヤンキーなウルガモス使いが数多くいたため、こちら目線負け確な試合を逆転したりと岩技を採用したのは功を奏しました。

威力を取るならストーンエッジですが、素早さダウンをさせてから詰める動きもできたので岩技の選択肢は諸説。

 

④ 化身ボルトロス

f:id:chiro_uxie:20211002192730j:image

 

NN: カミカゼ★ 持ち物:ゴツゴツメット

特性: いたずらごころ 性格: 図太い

努力値: B252 S12 余りH

実数値:185-×-134-145-100-133

技:ボルトチェンジ/くさむすび/挑発/電磁波

 

準速マンムー抜き。マンムーが削れた時のための相手のザシアン、メタモンの切り返し要因。パーティーに入れたことにより、ヌオーの選出抑制にも多少繋がった気がします。

 

⑤ ガラルファイヤー

f:id:chiro_uxie:20211002192754j:image

 

NN: ヒノカミ 持ち物:くろいめがね

特性: 逆上 性格: 控えめ

努力値: C252 H76 余りS

実数値:175-×-110-167-145-133

技:もえあがるいかり/エアスラッシュ/わるだくみ/こうそくいどう

 

H 16n−1 (天候ダメージ、状態異常ダメージ最小調整)

S 準速マンムー抜き

黒バドのアストラルビット確定4発、ドレインキッス確定4発、メガネアストラルビット確定3発。

黒バドを切り返すだけでなく、起点にして積むことができるアタッカー。

Cに特化することにより、悪巧みと逆上発動の特攻3段階アップで黒バド入りに良くいる相性不利なカプ・コケコすら怒りで50%の乱数で吹き飛ばします。悪巧みを2回することであのラッキーさんでも受けが成立しません。

ムゲンダイナを起点に積める耐久があるため、ムゲンダイナ入りにも多く選出しました!(一定数メテオビーム持ちがいるので注意)

ザシアンで相手をしにくい日食ネクロズマ、削った日食ネクロズマを復活させようとしてくるクレセリアなどに強いため、裏エースとして活躍してくれました!

速い耐久振りサンダーを抜けてないため、素早さのラインはもっと上げた方が強いと思いました。

 

 

⑥ ウオノラゴン

f:id:chiro_uxie:20211002001904j:image

 

NN: チロノラゴン 持ち物:突撃チョッキ

特性: がんじょうあご 性格: 意地っ張り

努力値: H44 A244 B4 D212 S4

実数値:171-155-121-×-127-96

技:エラガミ/ドラゴンダイブ/岩石封じ/噛み砕く

 

時間がなかったので自分で計算を一切せずに強い方の配分をそのまま真似させていただきました笑

カイオーガ受けです。アストラルビットも2回耐えるので対面黒バドも倒せます。

カイオーガメタモンの並びに強く、カイオーガ対面で岩石封じを当てるとエラガミ読みでメタモンに退いてくるので交換読みでドラゴンダイブをぶち当てます。ドラゴンダイブの命中75%を信用できないというよりはこの立ち回りをすることで苦手なカイオーガ入りに75%で勝てると思って撃つと気が楽でした笑

 

★選出★

①ザシアン入り

ザシアン+ボルトロスマンムー

ザシアンで暴れてザシアンが迎え撃ってきたら、ボルトロスに退いて切り返し、ザシアンとマンムーで詰めました!

電磁波は読まれるので実際のところはボルトザシアン対面は大体ボルチェンしてました。

上手い人はボルト退きを読んでザシアンザシアン対面じゃれつくを撃ってきます。3桁前半、2桁順位の対戦相手にはきゅじゅうざんを撃たれるか、じゃれつくを撃たれるかの択を全試合読み負け、格の違いを見せつけられて凹みました。

 

 ②ムゲンダイナ入り

ザシアン+ユクシー+ファイヤーorマンムー

ザシアンから入ってザシアン受けを誘い、ユクシーかファイヤーで積んで無双します。

一番勝率が高かったのがムゲンダイナ入りだったと思います。

受けループではない場合、ザシアン受けで良くゴツメランドロスが選出されるケースがありましたが、ゴツメランドロスユクシーに大きなダメージを与える技を持っていないので、ユクシーの積みの起点になってくれました。

ザシアンユクシーの真骨頂が発揮できる仮想敵だったと思います!

 

③黒バド入り

マンムー+ファイヤー+ザシアン

拘っているカプ・コケコから入ってくる構築によく当たりました。マンムーから入れば、蜻蛉返りからしか入って来ないので突っ込みます!

バドレックスが出てきたらファイヤーに退いて体勢を立て直します。裏にウーラオスがいれば、高速移動を積む。カプ・レヒレがいればザシアンに退いてきょじゅうざんの一貫をつくっていました!

 

カイオーガ入り

1.メタモンがいる場合

ザシアン、ウオノラゴン、マンムー

相手のメタモンにこちらのウオノラゴンをコピーさせるよう立ち回り、交換読みでドラゴンダイブで倒すようにしていました!

外してしまっても岩石封じを当てれば同速になりますし、ドラゴンダイブは当たりにくいので気合いで避ければ行けます!笑

2.メタモンがいないスタンパ

全く勝てませんでした笑

勝ち方を教えてください…。

 

⑤ホウオウ入り

ザシアン+ユクシー+@1

ユクシーの型が読まれないのでホウオウ入りには無敵の勝率を誇ってました。

ユクシーの草技は読まれ気味でしたが、電気技は基本的に読まれないので強いです。

 

⑥ 日食ネクロズマ入り

ザシアン+ファイヤー+@1

初手に出されるネクロズマは拘り鉢巻型が多く、必ずと言って良いほど地震が飛んでくるのでファイヤーに退いて試合のペースを掴んでました。

サザンドラを使っていた時は拘っていたのでネクロズマを倒しにくく、負けてばかりでしたが、ファイヤーに変えてからは勝率が上がりました。

 

★苦手(これからの課題)なポケモン

①エースバーン

スカーフエースバーンの火炎ボールが受けられませんでした。

ヒヒダルマ

フレアドライブの一貫がひどく、ボルトロスで麻痺を入れないとぐちゃぐちゃにされました。

マンムー

マンムーが重過ぎました。技を半減以下で抑えられるポケモンがいません。

ガブリアス

襷を盾に必ず一体は持っていかれてました。隙を見せるとスケイルショットでSを上げられて崩壊してました。ガブリアスがキツ過ぎてボルトロスのボルチェンを蜻蛉返りにしようか悩んだレベルでした。

⑤サンダーとウルガモス

ザシアンに受け出して麻痺や火傷を付与してくるポケモンたち。今期はザシアンでこれらのポケモンを2発殴って倒すような戦い方をしていたので2戦に1回は必ずザシアンが状態異常を引いてました。なので、ザシアンでこれらのポケモンたちを殴らない、もしくは最高でも1回しか殴らないような立ち回りと構築づくりが課題だと思いました。

 

★最後に★

目標は「ユクシーと一緒にレート2000達成」!

そのためには安定してレート1900に乗せられる力量がまずは必要です。

まだまだ力不足ですが、ポケモン対戦は大好きなのでこれからも相棒のユクシーと支え合いながら努力していきたいと思います!

もう丸一年、この型のユクシーを使っているので、そろそろ受けループ破壊型以外のランクバトルで活躍させることができるユクシーの型を開発したいです笑

【剣盾シングルS18】受けループ破壊型ユクシーと進撃のテッカグヤ【最終848位・レート1872】

f:id:chiro_uxie:20210601225245j:image

★はじめに★

お久しぶりです。ユクシーと一緒にポケモン対戦、チロ★♪です!S18お疲れ様でした!!

 

今回使用したパーティーコンセプトは

ユクシーをアタッカーとして活躍させる

★基本選出で勝てる構築

★ノンストレスでたくさんの対戦数をこなせる

 

を意識しました!

 

【使用した構築】

f:id:chiro_uxie:20210601194435j:image

【最終結果】

f:id:chiro_uxie:20210601200817j:image

必ずしも満足のいく結果を残せたわけではありませんでしたが、一緒に戦ってきた思い入れのあるチームなので備忘録として記事を残そうと思います。

 

 

★個別型紹介★

ユクシー

f:id:chiro_uxie:20210601194731j:image

NN: Azalea  持ち物:ラムのみ

特性: 浮遊 性格: 控えめ

努力値: H196 C252 D56 S4

実数値:175-×-150-139-157-116

技:サイコショック/くさむすび/10万ボルト/わるだくみ

 

S14でも一緒に戦い抜いた最高の相棒!調整は同速(準速テッカグヤ抜き抜き)対決意識でSの実数値を前回よりも1上げただけで後は技構成含めて全て一緒です。

ドヒドイデやラッキーに刺さるサイコショックエアームドテッカグヤに刺さる10万ボルト、ヌオーに刺さる草結びと剣盾新規習得技悪巧み!

今回もユクシーには相手の予期しない積み技からの広い技範囲で受けループを破壊する役割を担ってもらいました!具体的には

f:id:chiro_uxie:20210601195443j:image

こんな感じのパーティーユクシーの完全な役割対象です。バンギラスとブルル以外は基本的には積みの起点に出来ますのでラムの実を盾に悪巧みをして後は殴りまくります!サイコショックのおかげでラッキーやハピナス入りでも倒し切れます。

正直なところ20戦に1戦選出できたら良いところでしたが、選出できた試合については相手の降参・切断量産マシーンでした。

 

②パッチラゴン

f:id:chiro_uxie:20210601225753j:image

NN: > <  持ち物:じゃくてんほけん

特性: はりきり 性格: 陽気

努力値: H108 A252 S148

実数値:179-×-152-110-×-90-114

技:でんげきくちばし/げきりん/ほのおのキバ/つばめがえし

 

脅威の選出率0%!なんとこのポケモン、今シーズンを通して1回もモンスターボールから出てきていません。

でもパーティーにいなければならない影のMVPでした!

このポケモンの選出画面での圧力は凄まじく、パッチがパーティーにいるだけで相手は地面タイプのポケモンを出さざるを得なくなったり、スカーフパッチ意識でドラパルトが来やすくなるなど見せ合い画面で相手の選出を読みやすくなります。

後述のレヒレ+カグヤのコンボを決めるのに一役買ってくれていました!

調整は色々なブログを拝見させていただいて強そうな型を参考にさせていただきました笑

 

カプ・レヒレ

f:id:chiro_uxie:20210601233403j:image

NN: 配布産のためなし  持ち物:こうこうのしっぽ

特性: ミストメイカー 性格: 図太い

努力値: H252 B116 D142

実数値:177-×-165-115-168-105

技:しぜんのいかり、ちょうはつ、トリック、うずしお

 

チロ★♪の昔からのビジネスパートナー!色違いレヒレがカッコ良過ぎてUSUMの時はインターネット大会に4ROMで潜り、色違いを4体確保しました😇

今回の構築の肝!初手に出して相手のポケモンにこうこうのしっぽを押し付け、しぜんのいかりで削りまくって後ろに控える鉄人の起点を作ります。

ここまで耐久に振ることで珠サンダーの10万ボルトまで確定で耐えます!

パッチラゴンのおかげで初手にドラパルトが来る可能性が高く、基本的にドラパルトはレヒレに対してはダイマックスで突っ込むか、サンダーやポリゴン2など有利なポケモンに退くかの行動しかしてこないため、トリックが突き刺さりまくりました!

また、初手でサンダーなどの電気タイプと対面したとしても後ろにランドロスがいる以上、いきなりダイサンダーをぶっ放なされることはほとんどなく、タイプ一致の弱点以外のダイマックス技は基本的に何でも一度は耐えるため、安心して起点を作ってくれました!

f:id:chiro_uxie:20210601232816j:image

 

テッカグヤ

f:id:chiro_uxie:20210601233523j:image

NN: ♪パリピ♪  持ち物:パワフルハーブ

特性: ビーストブースト 性格: 控えめ

努力値: H4 C252 S252

実数値:173-×-123-174-121-113

技:エアスラッシュ、ラスターカノン、エナジーボール、メテオビーム

 

俗に言う陰キャポケモンを扱うのが苦手なためS14で使用したラグラージ同様、テッカグヤパリピ型でエース運用です。

ヒレのしっぽトリックとしぜんのいかりで起点を作った後、パワフルメテビとビーストブーストで特攻を2段階上げて暴れ散らかします!

エナボの枠は最終日2日前まで鋼に通るだいもんじでしたが、エースバーン、パッチラゴン、テッカグヤが炎技を搭載している可能性が高いためかナットレイメタグロスを全く選出されなかったため、草技に変更。

耐久振りのカバルドンラグラージに欠伸で切り返される場面が元々多かったので結果として正解でした!

 

ランドロス 

f:id:chiro_uxie:20210605132717j:image

NN: きんむぎ 持ち物:いのちのたま

特性: いかく 性格: 意地っ張り

努力値:  H4 A252  S252

実数値:165-216-110-×-100-143

技:じしん、そらをとぶいわなだれつるぎのまい

 

エースのテッカグヤの最大の弱点は珠エースバーン。

ダイマックスしても陽気珠キョダイカキュウでほぼ確1で倒されてしまいます。

なので、エースバーンが相手エースとして選出されるパーティーへの対抗策の裏エースです。

結果、特性のいかくも相まってめちゃくちゃ強かったです!

意地珠じしんは受けにでてくるヌオーなどの耐久ポケモンの力をもってしても受けきれません!

パワーと特性こそ全て!そんなポケモンでした!

ちなみにこの色違いランドロスは昔2週間ウルトラホールに巣篭もりしてゲットした思い出深いポケモンです😇

↓推定35時間くらい粘ってたので、もはや神に祈るしかなかった男

f:id:chiro_uxie:20210605133427j:image

 

⑥エースバーン

f:id:chiro_uxie:20210605135829j:image

NN: レッズ 持ち物:きあいのたすき

特性: リベロ 性格: 陽気

努力値:   A252  D4 S252

実数値:155-168-95-×-96-188

技:かえんボール、とびひざげり、ダストシュート、ふいうち

 

ユクシー同様S14から続投!

今期は珠、ラム、チイラなど色んなエースバーンを試しましたが最終的には元の型に戻りました。

サンダーに触らなくて良い高火力、速攻の襷枠として愛用しています!

どんなに不利な状況でも巻き返す自慢の高火力・広範囲!

どんなに有利な状況をもひっくり返す命中不安のメインウェポン!

エースバーンをパーティーに入れてると毎試合ドキドキが止まりません。

とびひざげりを3試合連続で外して怒りのあまりズボンを脱がしそうになった最終日前日。

かえんボールどころかダストシュートすら1発も外すことなく戦い続け、感動のあまり泣きそうになった最終日。

今後もエースバーンとのドキドキハラハラな日々は続いていくことになるでしょう!

f:id:chiro_uxie:20210605135804j:image

 

★選出★

 

① 基本選出(大体これ)

ヒレ、カグヤ、エースバーン

 

② 相手がエースバーン主軸の時

ヒレ、カグヤ、ランドロス 

 

③ vs受けループ

ユクシーランドロス 、@1

 

(応援隊長)

パッチラゴン

 

★最後に★

最終的な目標はユクシーと一緒に「レート2000」!

今後も目標達成に向けて頑張っていきたいです!

 

最終日にユクシーと相手のマルスケ龍舞カイリューとの1on1の対決を制した時、アタッカーユクシーの可能性をより感じることができました!

f:id:chiro_uxie:20210605140512j:image

ユクシーのより強い調整があるはずなのでこれからも研究を頑張ります!